歯だけではなく、まず全身そして顎・顔面全体から診るのが特徴です

総合的な歯科治療

口腔外科、歯科麻酔科出身の院長の診療方針は、まず全身そして顎・顔面全体から診察を始めることです。顎の関節はもちろん、顎顔面そして全身を診る「総合的な全顎治療」が特徴です。そして、1本の歯や病気になった箇所だけを治療するのではなく、一口腔単位として考え、お口の中全体を視野に入れた治療やカウンセリングを行っていきます。

さらによりいっそう安心感をもって治療を受けていただけるよう、学会等を通じて様々な医療知識を取得し、歯科用CTなどの医療設備を導入。常に最良の診療を目指しています。専門分野の幅広い技術と経験を活用し、むし歯治療や歯周病治療からインプラントなどの口腔外科手術を伴う治療まで、的確な治療を行います。

生活の質や見た目の美しさも重視しています
歯のお悩みやコンプレックスがあると、食事や会話を心から楽しむことができず、笑顔が減ってしまいます。当院では「お口の健康は、ライフスタイルやライフクオリティにも大きな影響を与える」という観点から、治療技術による機能回復と審美性の向上にも力を入れています。

全身の健康を考えた治療を行います

総合的な歯科治療お口の健康を通じて全身の健康も支えていくため、歯だけでなく全身の状態を把握し、全身の一部としての口腔や歯周組織、歯と接していきます。アレルギーや服用薬などの詳しい問診を行い、高血圧や心臓病をもつ方への治療では心電図や血圧計を用いるなどの細心の注意を払っています。

また院内感染を防ぐため、治療器具には手術レベルの滅菌消毒を施すなど、あらゆる面で患者さまの健康と安心に配慮しています。耳鼻咽喉科の病気、ガン、白血病、糖尿病などの兆候がお口の中に現れることもありますので、医科との連携も構築し、必要に応じて耳鼻咽喉科や内科・外科など適切な施設をご紹介します。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください