治療の材料にも再発を防ぐ工夫をしています

印象材通常の保険診療で使われている素材を使った型採りは、時間の経過や少しの温度変化によって変形しやすく千切れやすいという欠点があります。そのため、できあがった詰め物や被せ物のにより、隙間や段差が生じることがあります。その結果、短い期間でまたむし歯が再発し、詰め物が外れたり歯周病が進行してしまったりといったリスクがあります。

当院では、自由診療ではシリコン印象材を利用した型採りを行っています。シリコン印象材は変形することがなく、限りなく隙間のない補綴物を作ることができます。これによりむし歯の再発のリスクを抑えることができ、治療が長持ちします。
また、総入れ歯に関しては、保険診療でもシリコン印象材で型取りしています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください