歯科麻酔科医の視点から治療の安全性に配慮しています

世界基準を満たす感染対策

院長は、歯科麻酔科・口腔外科出身。歯科麻酔科医だからこそ、治療の安全性には最善の努力を尽くしています。全身管理はもちろんのこと、万全の滅菌体制は当然のことと考え、クラスB(欧州最高基準)の高圧蒸気滅菌器などの滅菌システムを導入しました。

当院では、お口の中に入るものはすべて滅菌します。使用済みの器具については、ディスポーザブル器具は速やかに廃棄処分し、廃棄できない切削器具やバー類は徹底的に洗浄・乾燥・滅菌を行います。また院内の空気にも気を配り、口腔外バキュームや空気清浄器を設置し、スタッフも常に清潔にすることを心がけています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください