技術を駆使し補綴物を製作します

技工士との連携入れ歯や被せ物などの補綴物は、経験豊かな歯科技工士が製作しています。必要なときには歯科技工士も診療室に入り、患者様、歯科医師とコミュニケーションを取りながら進めるので、より完成度・満足度の高い補綴物を仕上げることができます。

オールセラミックなどの審美性が高い治療の場合は歯科技工士が治療に立ち会い、歯の揺れや咬み合わせも確認してほかの歯に負担がかからないように形を考え、隣の歯の色も確認した上で歯を作り上げます。特に女性の前歯の場合は、その方の空気感や雰囲気、見た目の印象も大切にしながら慎重に作り上げています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください