第2の永久歯として歯を再建するのがインプラント治療です

インプラント

歯を失うと食事が美味しく感じないだけでなく、自然な表情や笑顔まで失われてしまいがちです。インプラント治療は失った歯に代わり、人工歯根によって第2の永久歯のように活躍してくれる歯を再建する治療法です。

歯を失った場合、従来の入れ歯やブリッジなどの治療法では、しっかり咬むことができなかったり、周囲の歯に負担をかけたりするという問題がありました。インプラントはそれらの問題を解消することができ、審美性も優れていることから近年多くの患者さまに選ばれています。

お口全体の機能を回復させることを重視しています
歯を失った場合にお口の中全体が調和してうまく動くように、当院では口腔機能を改善する方法としてインプラント治療をご提案しています。「ストレスなく本当の自分の歯のように、再び力強く咬むことができるようになった」と患者さまに喜んでいただけることが私たちの何よりの喜びです。

ほかの歯を守るため、お口を守るためのインプラント治療です

インプラント治療インプラントは生体親和性に優れていますので、お口全体の衛生状態が保たれていれば、長期にわたり安定した機能を得ることが可能です。またほかの歯に負担をかけることがないため、ほかの歯を守り、お口の中全体を守るための治療と言うことができます。

ただし、インプラントと骨の結合を待つ治療期間など、長期的な治療と経過観察の繰り返しが必要となるため、患者さまご自身の「根気強く治そう」という気持ちが重要です。治療後も、ブラッシングなどの適切なホームケアと共に、インプラント・人工歯の状態や咬み合わせを確認し、必要に応じたケアを行う定期的なメインテナンスが必要です。

こうしたインプラント治療の特徴をご理解の上、治療を受けていただきたいと考えています。

コンピュータシミュレーションガイドシステムを導入しています

ノーベルガイド当院では、コンピュータシミュレーションガイドを使用することにより、短時間での治療を実現しています。術後の痛みや腫れがほとんどなく、患者さまの負担も少ないことが特徴です。事前に仮の補綴物を製作できるため、条件によってはインプラントを埋入したその日に仮歯を手に入れることも可能です。

このシステムは、CT撮影した顎骨内部の3Dデータを元に、埋入場所・角度などの治療計画をシミュレーションする仕組みです。「サージカルテンプレート」と呼ばれる型を作って施術時に装着することで、歯肉を切開することなく、3mm程度の小さな穴を開けるだけでインプラントを安全・確実に埋入できるよう努めています。

インプラント治療のみをおすすめすることはありません

インプラント治療当院では、インプラントと共にブリッジや入れ歯治療などの利点や欠点を比較し、患者さまそれぞれのお口の状態、審美的欲求やライフスタイル、ご予算などを考慮して治療をご提案しています。

金具を使わない入れ歯や装着時の違和感が少ない入れ歯なども豊富にご用意し、患者さまとじっくりご相談した上で治療方法をお選びいただきます。インプラント治療のみをおすすめするわけではありませんのでご安心ください。

インプラントと他の治療方法の比較

歯を数本失った場合

<従来の治療法>インプラントと他の治療方法の比較
ブリッジを用いた治療は健全な両隣の歯も削ることになり、治療後も力をかけて咬むと両隣の歯に負荷がかかります。
<インプラント治療>インプラントと他の治療方法の比較
失った部分にインプラントを1本埋め込みます。健全な両隣の歯を削ることなく治療できるため、負担も少ないです。

奥歯を失った場合

<従来の治療法>インプラントと他の治療方法の比較
局部的な入れ歯を用いた治療では、金属のバネを使用するため違和感があり、お手入れに手間もかかります。
<インプラント治療>インプラントと他の治療方法の比較
インプラントを何本か用い、骨を支えにして人工の歯を装着します。金属バネの違和感はもちろんありません。咬む力は天然歯と同じように骨まで伝わり、食感も天然歯に近く、お手入れは基本的に通常の歯磨きと同様です。

歯をすべて失った場合

<従来の治療法>インプラントと他の治療方法の比較
総入れ歯は、骨の状態などによって固定する力が弱い場合があり、食べ物を咬むための十分な力がかけられないことがあります。そのためぐらついたりずれたりし、食べ物が歯と口腔粘膜の間に挟まって痛みや不快感が生じやすくなります。
<インプラント治療>インプラントと他の治療方法の比較
数本のインプラントを入れ歯の固定源とするため力を入れて咬むことができ、どんな料理も美味しく楽しめます。ガタつきも抑えることができ、審美性も向上しますので、人前で話すことも気にならず、気持ちよく笑うことができます。

インプラント治療を行えない場合もあります

全身の健康状態などにより、インプラント治療が制限されたり適用できなかったりするケースもあります。詳しくはご相談ください。

骨が少なくインプラントができないと言われた方へ
当院では、ボーンクラフト(骨移植)骨造成術といった高度な技術による治療も行っています。今まで「骨が不足しているので手術ができない」と言われた方でも可能となる場合がありますので、ご相談ください。

ボーンクラフト(骨移植)
インプラント治療を行う部位の顎骨が薄い場合に、他部位の顎骨や体の別の部分の骨、または培養骨、人工骨などを代用骨として移植する方法です。数か月かけて骨を再生させ、十分な強度を確保してから手術を行います。
ボーンクラフト(骨移植)

インプラントQ&A

Q:インプラント治療は誰でも受けられますか?
A:骨の成長がほぼ終了する16~18歳以上の方なら、ほとんどの方は可能です。ただし、年齢や全身状態などによってインプラント治療が適さない方もいらっしゃいます。また、顎骨が少なく、事前に骨を増やす手術が必要な方もいらっしゃいます。その場合、当院では骨の移植手術にも対応しておりますので、まず検査をし、骨移植手術ができればインプラント治療が可能です。

Q:インプラント手術に痛みや腫れはありますか?
A:手術時、口腔内の麻酔を熟知した歯科麻酔専門医が麻酔を行いますので、痛みはほとんどありません。さらにご希望の方には「静脈内鎮静法」を併用いたしますので、術中の不快感はほとんどありません。

術後に関しては、個人差はありますが痛みはごく軽度です。腫れは手術の大きさや時間に依存するため、可能な限り侵襲の少ない短時間の手術を心がけております。さらに、骨の条件がよい場合は、小さな穴を開けるだけで切開することなく埋入することも可能です。その際は痛みや腫れはほとんどありません。また、術後の安全・安心のため、院内には短期入院や休憩が可能な施設も備えております。

Q:インプラントはどのくらいもちますか?
A:一番丈夫であるはずの自分の歯をむし歯や歯周病で失った方が、同じような悪い口腔内の状態のままでいるとしたら、インプラントは長くもちません。まずは徹底的に口腔内の状態を改善し、維持することが大切です。インプラントを入れることでご自身のお口の中に対する関心が高くなり、結果としてほかの歯の寿命が延びた方が多いように思います。

今までは一般的に10年間位が目安であると言われてきましたが、その後は15年、20年とインプラントの寿命を延ばすことができればよいと思います。実際にそのようなケースが増えてきています。

インプラント自体は長期間安定した状態を保つものですが、周囲の骨や歯肉に炎症を起こすことがあります。また、インプラント自体は大丈夫でも、上の歯が壊れて修理や作り替えが必要になることもあります。そうならないように、毎日のホームケアと歯科医院での定期的なケアは欠かせません。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください