高齢化社会に伴い、重要性の増す口腔外科

口腔外科

口腔外科は、親知らずなどの難しい抜歯、口腔や顔面外傷の治療、口腔内の腫瘍や嚢胞(膿の袋)、奇形、顎変形症、難症例のインプラント手術などを行う診療科です。インプラントのような治療技術の発達により、これまで諦めてきたことが可能となりました。さらにお口の中の各種疾患の早期発見・早期治療などの必要性も高まり、口腔外科領域の重要性が増しています。

口腔外科の専門家の視点から歯科医療を捉えています
院長は、国立仙台病院歯科口腔外科で、顎変形症(受け口等)の咬み合わせや審美的な外観をつくる手術、ガンや外傷などで歯や顎の骨を失った人に対して骨を移植し、インプラント(人工歯根)により咬み合わせを再建する治療を中心に研鑽を積んできました。

当院では、口腔外科専門の歯科医師が在籍しており、口腔内のケガや病気に対する適切で安全な治療体制をいっそう充実させています。そして、一般歯科をはじめとしたどの治療においても口腔外科医としての視点を活かし、長期的なライフサイクルの中で、歯だけでなく口腔全体の健康維持をサポートすることを目指しています。

専門的な診療技術と歯科用CTでより正確な治療を目指します

歯科用CT当院では、親知らずの抜歯や嚢胞の切除時など、口腔内の状態を把握するために歯科用CTによる撮影・分析を行います。このような診断を行うことで患者さまの負担を軽減することができます。

お口の中から全身の病気を発見したり、一見、歯周病や口内炎に見える口腔ガンを発見したりすることも稀ではありません。口腔外科専門医だからこその早期発見・早期治療が可能です。また、大規模な外科手術の設備・体制が必要な場合は提携している富山大学附属病院へ入院し、手術を受けていただくことも可能です。

難しい親知らずの抜歯もお任せください

親知らず親知らずの抜歯においても、レントゲンだけではなく歯科用CTで撮影し、三次元的に確認した上で、リスクとメリットをご説明しながら口腔外科専門医が治療を行います。土曜日診療も行っていますので「週末に治療を受けて、週明けからの学校や仕事に備えたい」という方に喜ばれています。

親知らずは、なぜ抜いた方がよいのでしょうか
現代人は顎が小さくなってきており、親知らずが並びきらない方が増えています。生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があり、こうした場合は将来的にむし歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高くなります。

また親知らずがむし歯になってしまった場合、一番奥なので治療器具が届きにくく、その後のケアも難しいので、治療をしても高い確率で再発します。最悪の場合は、手前の健康な歯(7番)を巻き添えにしてしまうため、早めに抜歯しておくことをおすすめします。

さらにむし歯や歯周病になってからでは麻酔が効きにくく、治療が大変になりがちです。また年齢が若いときの方が抜歯後の骨の回復がスムーズであり、放置しておくと親知らずと骨がくっついてしまう場合もあるので、早めに抜歯する方がよいでしょう。

顎関節症の治療も行っています

顎関節症「口を開けにくい」「口を開けるときに痛みがある」「関節から音が鳴る」このような症状の総称を「顎関節症」と言います。顎関節症は女性に多いと言われていますが、最近は男女問わず、若年層も増加傾向にあります。原因としては、咬み合わせ・歯ぎしり・外傷・精神的ストレス、これらの複合要因の場合も考えられます。

治療としては、顎関節周辺の筋肉の柔軟性の向上や可動域の改善、血液循環の促進などを行います。また顎関節周囲のマッサージなど、痛みに対して治療を行います。あごの動きを正常にするために、顎関節の咀嚼筋を中心とした筋肉増強を目的に運動療法も行われます。

当院では多方面からの診査を行い、総合的に判断した上で、患者さまの症状に合わせてマウスピースなどを利用しながら適切な治療を提供しています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください