再発を防ぐために治療段階から予防をご提案します

予防歯科

健康な歯を長く保つには、極力削らない、詰めない、被せないことが大切です。当院では、患者さまのお口の中の状態、むし歯・歯周病の原因から調べ、治療する段階から再発を防ぐための予防プランを立てます。そして定期的な検査やアフターケアを含めて、お口の健康管理を長期的にサポートします。

また、治療段階から機能性や審美性を考慮し、お口の健康をより維持管理しやすい環境を整えていくことを心がけています。患者さまご自身の健康な歯を1本でも多く残すことを目標に、患者さまにも歯科医師・歯科衛生士と共に予防に取り組んでいただきたいと考えています。

【年代に合わせた予防】3歳頃から永久歯が生え始める頃まで

年代に合わせた予防むし歯はむし歯菌による感染症ですから、乳歯がむし歯のままだと永久歯もむし歯になりやすくなります。将来のために、乳歯のときから歯を大切にする習慣をつけましょう。また、この時期に予防歯科で歯科医院に慣れておくと、"歯医者嫌い"になることも防げます。当院では、きちんとした永久歯列を獲得することを考えながら予防治療を行い、食事指導を含めた咬合育成を心がけています。

【年代に合わせた予防】永久歯が生え始めてから生え揃うまで

年代に合わせた予防生えたばかりの歯はむし歯になりやすく、また一番磨きにくくむし歯になりやすい6歳臼歯も生えてきます。乳歯の下から永久歯が生えてきたり、歯並びの問題もわかってきたりする時期です。当院では、定期的なチェックで適切な治療や予防処置を行い、必要に応じて矯正専門医による診察をご提案しています。

フッ素塗布
歯にフッ素を塗るむし歯予防法です。歯科医院では市販の歯磨き剤の約10倍のフッ素を使います。フッ素を塗る回数の多いお子さまほどむし歯が少ない傾向があります。また生えてから2年以内の歯にフッ素を塗ると、特に高い効果が期待できます。

シーラント
奥歯などに多い歯の溝の部分を、シーラントと呼ばれる粘着力のあるプラスチックで埋めてむし歯になりにくくする予防法です。歯の溝には食べ物のカスなどが溜まりやすいため、シーラントを埋めることでむし歯になりやすい状態を防ぐことが可能です。6歳臼歯には特に有効です。

【年代に合わせた予防】10代~

年代に合わせた予防勉強や部活、遊びに忙しい中高生。食生活が不規則になりがちで、外食やスポーツドリンクも摂るようになります。反抗期でもあり、親御さんもお口の中までチェックしにくくなるので、気がついたときには進行したむし歯になっていることがあります。

また、外見が気になり悩みやすい思春期。歯並びの悪さや咬み合わせなどにより発音に問題があると、大きなコンプレックスになりがちです。この年代こそ定期検診を受け、むし歯の早期発見や歯並びのチェックをおすすめします。

【年代に合わせた予防】20~30代

年代に合わせた予防仕事、家事、育児と多忙な世代です。食生活が不規則になったり、歯磨きがおろそかになったりしがちです。最近は若いうちから歯周病を発症する人が多く、またストレスなどから歯ぎしりや食いしばりなどをすることによる悪影響も顕著となってきます。むし歯や歯周病の治療には時間やコストもかかります。長い目で考えると、忙しい人ほど予防をしっかりと行い、歯やお口のトラブルを防ぐことをおすすめします。

妊娠・出産に備えた予防も大切です
女性の場合、妊娠するとホルモンバランスの変化により、歯周病になりやすくなります。また、つわりのために歯磨きがつらくなる人も多く、むし歯や歯周病が進むことも少なくありません。さらに出産後は子育てに忙しく、歯科への通院もしにくくなります。将来的の妊娠や出産に備えて、ぜひ定期的なメインテナンスで歯やお口の健康を守る習慣をつけておいてください。

【年代に合わせた予防】40歳ぐらいから

年代に合わせた予防むし歯治療で神経を除去した歯が折れたり割れたりするトラブルや、歯周病が本格化しやすい年代です。歯周病になると、歯の骨(歯槽骨)が溶け始め、歯がグラグラし始めることもあり、糖尿病が悪化するなど全身へ悪影響が及ぶこともあります。

定期的なメインテナンスで歯磨き方法やケアの方法の指導を受け、毎日正しいお手入れを行うことがとても重要です。

【年代に合わせた予防】70歳ぐらいから

年代に合わせた予防加齢のため、歯ぐきや歯を支える組織が衰え、入れ歯やブリッジが合わなくなるといった歯のトラブルが多くなります。さらに、ご自身では歯磨きなどのお手入れが難しくなる方も増えてきます。

よく噛んで食事を摂ることは、心身の健康維持にも欠かせません。誤嚥性肺炎などを防ぐためにも、定期的な口腔ケアが必要です。定期的なメインテナンスやお手入れを受けることをおすすめします。

【PMTC】歯を白く、歯肉もきれいに

PMTCプラーク(歯垢)や歯石が成長してできる「バイオフィルム」と呼ばれる汚れや、タバコのヤニ、コーヒー・紅茶などの茶渋などの着色汚れなどは、ご自宅でのブラッシングでは取れません。それを歯科医師や歯科衛生士などの専門家が、専用器具とフッ素入りジェルを用いて除去します。これをPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と言います。

PMTCは本来の歯の白さや健康な歯肉を取り戻します。これを定期的に行うことによって、むし歯・歯周病を予防し、さらに口臭を抑える効果もあります。施術が終わった後はお口の中がスッキリとして、爽やかになりますので、人気の高い予防法です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください