歯を失う原因の多くは歯周病です

歯周病治療

歯周病の主な原因は、細菌による感染です。歯と歯肉の間にある歯周ポケットなどで菌が繁殖することで歯肉に炎症を起こし、徐々に歯を支える骨や組織を溶かしてしまいます。高齢になって歯を失う主な原因は歯周病で、日本人成人の80%がかかっていると言われていますが、多くの方は歯周病であることを自覚していません。

それは、歯周病が知らないうちに進行する怖い病気だからです。歯ぐきの腫れ、口臭、歯のぐらつきなどの自覚症状を感じる頃には、かなり進行している可能性が高いのです。症状が悪化すると、歯を失う原因となるだけでなく、全身疾患につながる危険性もあります。

お口の中全体を守るための歯周病治療を行っています

歯周病治療歯周病の最も有効な対策は、毎日のブラッシングと歯科医院でのメインテナンスで適切なプラークコントロールを行うことです。当院では、歯科医師と豊富な経験と実績を持つ歯科衛生士を中心に、歯周病の症状を抑えるだけでなく、将来にわたってお口の中全体を歯周病から守る治療とケアを行っています。

歯の表面や歯ぐきとの境目に付着した歯垢や歯石は、歯周病の基本治療である「スケーリング」で除去します。歯周ポケットの奥深くにできてしまった歯石は通常のスケーリングでは取れないので、「SRP(スケーリング・ルートプレーニング)」と言う方法で歯石を除去します。歯周病が更に進行した場合には歯周外科手術にも対応します。インプラント治療の際も必要に応じて歯周病治療を行い、お口の中の状態をコントロールしてからインプラント埋入手術を行います。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください