金属を使わない最新の歯科矯正

インビザライン

従来の矯正治療では、歯の表面に金具(ブラケット)や金属のワイヤーなどの矯正装置をつける必要がありました。

それに対しインビザラインGOは医療用のプラスチックで作製された透明なマウスピースを装着する"マウスピース矯正"のため、目立ちにくく周囲の人から気付かれずに綺麗な歯並びにできます。

歯は1つのマウスピースで0.2mmずつしか動かさないので、金属ワイヤーで動かすよりも痛みが少ないという特徴があります。

また、金属を一切使用しないため、擦れてお口の中を傷つける心配もありません。

マウスピースの着脱はご自分で行っていただくため、お食事の制限もなく、今まで通りの歯磨きも可能で衛生的です。

その反面、決められた通りにお使いいただかないと治療がスムーズに進まなくなってしまいます。

最長5ヵ月で理想的な歯並びを実現

1つのマウスピースは原則1週間程使用し、決められた順番にご自分で交換していただきます。

最大で20ステージまでと決められているため、5ヵ月と短い治療期間で効率的に理想とする歯並びに近づけていきます。

通院は月に1回程度で済むため、お忙しい方や時間に制約のある方のライフスタイルにも合わせることができます。

デジタルテクノロジーで治療後のイメージを可視化

インビザラインGOでは、お口の中に材料を入れての型採りは必要ありません。

最新の光学スキャナー"iTero"でお口の中を撮影することで、その場ですぐに診断が可能なだけでなく、おおまかな治療後のイメージをご覧いただけます。

また、より詳しい治療計画の提示をご希望の方はデータをオンラインでアメリカのアラインテクノロジー社に送信します。

アライン社の蓄積されたデータをもとに、AIが歯の動きや治療期間、治療後を予想し、その結果をアライン社独自の3D治療計画ソフトウェアを通じて画像や動画で確認可能になります。

型採りからマウスピースの作製まで全てAIを駆使してデジタル化されているため、精密な治療が可能です。

前歯小臼歯に特化した歯科矯正

インビザライン装着画像

奥歯の咬み合わせは問題ないけれど、前歯の歯並びが少しだけ気になる...
そんな方におすすめなのがインビザラインGOです。

矯正治療と聞くと大掛かりな治療のイメージをしやすいですが、咬み合わせに重要な奥歯は動かさず、人目に触れる前歯と小臼歯だけを対象とした矯正システムです。

歯並びが少しガタガタで重なっている(軽度の叢生)、すきっ歯(軽度の空隙)に効果を発揮します。

歯を大きく削ったり、被せたりせず、ご自分の歯で綺麗な口元を手に入れることができ、今までより治療の選択肢の幅が広がります。

STEP1
カウンセリング、資料採得、診断 光学スキャナー(iTero)でお口の中を撮影 その場で、治療後のイメージを確認し、治療可能かどうか診断

STEP2
撮影したデータをアメリカのアラインテクノロジー社に送信し、詳しい治療計画の提示【2万円】

STEP3
データをもとにマウスピースを作製し、治療開始【40万円】

STEP4
治療終了後、後戻りしないため保定【3万円】

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください