インプラントと他の治療方法の比較

歯を数本失った場合

<従来の治療法>インプラントと他の治療方法の比較
ブリッジを用いた治療は健全な両隣の歯も削ることになり、治療後も力をかけて咬むと両隣の歯に負荷がかかります。
<インプラント治療>インプラントと他の治療方法の比較
失った部分にインプラントを1本埋め込みます。健全な両隣の歯を削ることなく治療できるため、負担も少ないです。

奥歯を失った場合

<従来の治療法>インプラントと他の治療方法の比較
局部的な入れ歯を用いた治療では、金属のバネを使用するため違和感があり、お手入れに手間もかかります。
<インプラント治療>インプラントと他の治療方法の比較
インプラントを何本か用い、骨を支えにして人工の歯を装着します。金属バネの違和感はもちろんありません。咬む力は天然歯と同じように骨まで伝わり、食感も天然歯に近く、お手入れは基本的に通常の歯磨きと同様です。

歯をすべて失った場合

<従来の治療法>インプラントと他の治療方法の比較
総入れ歯は、骨の状態などによって固定する力が弱い場合があり、食べ物を咬むための十分な力がかけられないことがあります。そのためぐらついたりずれたりし、食べ物が歯と口腔粘膜の間に挟まって痛みや不快感が生じやすくなります。
<インプラント治療>インプラントと他の治療方法の比較
数本のインプラントを入れ歯の固定源とするため力を入れて咬むことができ、どんな料理も美味しく楽しめます。ガタつきも抑えることができ、審美性も向上しますので、人前で話すことも気にならず、気持ちよく笑うことができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください