ほかの歯を守るため、お口を守るためのインプラント治療です

インプラント治療インプラントは生体親和性に優れていますので、お口全体の衛生状態が保たれていれば、長期にわたり安定した機能を得ることが可能です。またほかの歯に負担をかけることがないため、ほかの歯を守り、お口の中全体を守るための治療と言うことができます。

ただし、インプラントと骨の結合を待つ治療期間など、長期的な治療と経過観察の繰り返しが必要となるため、患者さまご自身の「根気強く治そう」という気持ちが重要です。治療後も、ブラッシングなどの適切なホームケアと共に、インプラント・人工歯の状態や咬み合わせを確認し、必要に応じたケアを行う定期的なメインテナンスが必要です。

こうしたインプラント治療の特徴をご理解の上、治療を受けていただきたいと考えています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください