インプラントQ&A

Q:インプラント治療は誰でも受けられますか?
A:骨の成長がほぼ終了する16~18歳以上の方なら、ほとんどの方は可能です。ただし、年齢や全身状態などによってインプラント治療が適さない方もいらっしゃいます。また、顎骨が少なく、事前に骨を増やす手術が必要な方もいらっしゃいます。その場合、当院では骨の移植手術にも対応しておりますので、まず検査をし、骨移植手術ができればインプラント治療が可能です。

Q:インプラント手術に痛みや腫れはありますか?
A:手術時、口腔内の麻酔を熟知した歯科麻酔専門医が麻酔を行いますので、痛みはほとんどありません。さらにご希望の方には「静脈内鎮静法」を併用いたしますので、術中の不快感はほとんどありません。

術後に関しては、個人差はありますが痛みはごく軽度です。腫れは手術の大きさや時間に依存するため、可能な限り侵襲の少ない短時間の手術を心がけております。さらに、骨の条件がよい場合は、小さな穴を開けるだけで切開することなく埋入することも可能です。その際は痛みや腫れはほとんどありません。また、術後の安全・安心のため、院内には短期入院や休憩が可能な施設も備えております。

Q:インプラントはどのくらいもちますか?
A:一番丈夫であるはずの自分の歯をむし歯や歯周病で失った方が、同じような悪い口腔内の状態のままでいるとしたら、インプラントは長くもちません。まずは徹底的に口腔内の状態を改善し、維持することが大切です。インプラントを入れることでご自身のお口の中に対する関心が高くなり、結果としてほかの歯の寿命が延びた方が多いように思います。

今までは一般的に10年間位が目安であると言われてきましたが、その後は15年、20年とインプラントの寿命を延ばすことができればよいと思います。実際にそのようなケースが増えてきています。

インプラント自体は長期間安定した状態を保つものですが、周囲の骨や歯肉に炎症を起こすことがあります。また、インプラント自体は大丈夫でも、上の歯が壊れて修理や作り替えが必要になることもあります。そうならないように、毎日のホームケアと歯科医院での定期的なケアは欠かせません。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください