痛みに配慮した治療を提供する歯科麻酔科

歯科麻酔科

歯科麻酔科は、すべての患者さまに「痛み、怖さ、不安を減らし、そして安全で快適な歯科治療を受けていただくこと」「お顔やお口の中の原因不明の痛みやしびれを取り除き、つらくて不自由な生活から解放すること」を目的とする診療科です。

日常的に行われるインプラント治療や口腔外科手術などの歯科治療や手術には、歯科麻酔の専門技術と知識が必要です。

歯科が苦手な方、持病のある方にも役立つ歯科麻酔科
むし歯の治療や抜歯などでも、緊張のために血圧が異常に上昇したり脈が速くなったり、呼吸が苦しくなったり気分が悪くなったりして、歯科治療に強い恐怖感を持つようになる方もいます。また高血圧・心臓病・糖尿病など全身的な持病がある場合、歯科治療によって持病が悪化したり、ほかの大きなトラブルを誘発したりする可能性もあります。

いずれの場合も、歯科麻酔専門医が心電図・血圧計・体内酸素濃度計などを使って、全身管理を行いながら治療を進めます。治療時の痛みや治療に対する恐怖・不安感をなくして快適な気分にする静脈内鎮静法、場合によっては全身麻酔を併用することによって、安全な歯科治療が行えるよう努めています。

神経に関連した病気にも有効です
歯やお口の激しい痛みの病気(三叉神経痛)、熱い・冷たい・痛いなどの感覚が麻痺する病気(神経麻痺)、まぶたや唇など顔が動かなくなる病気(顔面マヒ)などの神経に関連したさまざまな病気にも、歯科麻酔の専門知識と技術を活かして治療を行うことができます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください