むし歯治療の機会に、手軽に自然な美しい歯にしてみませんか?

審美歯科むし歯治療で詰め物や被せ物を入れるときや、違和感のある金属の詰め物や被せ物を交換する際に、セラミックなどを使用すると白く美しい歯にすることができます。歯ぐきとの境目もきれいに仕上がり、手軽に美しい口元を手に入れることができます。

セラミック素材は審美性・耐久性があり、長く使用しても変色することがありません。また、メタルフリーのため、金属アレルギーの心配もありません。むし歯などによって失われた部分が大きい歯にも対応でき、歯の形も変えることができるので、歯並びや咬み合わせを美しく整えることができます。

歯科技工士が歯の色や雰囲気を確認して補綴物を作ります
オールセラミックなどの場合は歯科技工士が治療に立ち会い、患者さまの歯やお口の中の状態、歯の揺れや咬み合わせを直接確認し、周囲の歯と変わらない色で仕上げ、歯全体の形や色調をカバーします。特に女性の前歯の場合は、その方の空気感や雰囲気、受ける印象も大切にして慎重に作り上げています。さらに、グラスファイバーの土台(コア)や、歯型を採る際のシリコン印象材の使用など、最もよいと考えられる材料と方法を用いて精密な補綴物を製作いたします。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください