【年代に合わせた予防】20~30代

年代に合わせた予防仕事、家事、育児と多忙な世代です。食生活が不規則になったり、歯磨きがおろそかになったりしがちです。最近は若いうちから歯周病を発症する人が多く、またストレスなどから歯ぎしりや食いしばりなどをすることによる悪影響も顕著となってきます。むし歯や歯周病の治療には時間やコストもかかります。長い目で考えると、忙しい人ほど予防をしっかりと行い、歯やお口のトラブルを防ぐことをおすすめします。

妊娠・出産に備えた予防も大切です
女性の場合、妊娠するとホルモンバランスの変化により、歯周病になりやすくなります。また、つわりのために歯磨きがつらくなる人も多く、むし歯や歯周病が進むことも少なくありません。さらに出産後は子育てに忙しく、歯科への通院もしにくくなります。将来的の妊娠や出産に備えて、ぜひ定期的なメインテナンスで歯やお口の健康を守る習慣をつけておいてください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください