【年代に合わせた予防】永久歯が生え始めてから生え揃うまで

年代に合わせた予防生えたばかりの歯はむし歯になりやすく、また一番磨きにくくむし歯になりやすい6歳臼歯も生えてきます。乳歯の下から永久歯が生えてきたり、歯並びの問題もわかってきたりする時期です。当院では、定期的なチェックで適切な治療や予防処置を行い、必要に応じて矯正専門医による診察をご提案しています。

フッ素塗布
歯にフッ素を塗るむし歯予防法です。歯科医院では市販の歯磨き剤の約10倍のフッ素を使います。フッ素を塗る回数の多いお子さまほどむし歯が少ない傾向があります。また生えてから2年以内の歯にフッ素を塗ると、特に高い効果が期待できます。

シーラント
奥歯などに多い歯の溝の部分を、シーラントと呼ばれる粘着力のあるプラスチックで埋めてむし歯になりにくくする予防法です。歯の溝には食べ物のカスなどが溜まりやすいため、シーラントを埋めることでむし歯になりやすい状態を防ぐことが可能です。6歳臼歯には特に有効です。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください