歯を失う原因の多くは歯周病です

歯周病治療

歯周病の主な原因は、細菌による感染です。歯と歯肉の間にある歯周ポケットなどで菌が繁殖することで歯肉に炎症を起こし、徐々に歯を支える骨や組織を溶かしてしまいます。高齢になって歯を失う主な原因は歯周病で、日本人成人の80%がかかっていると言われていますが、多くの方は歯周病であることを自覚していません。

それは、歯周病が知らないうちに進行する怖い病気だからです。歯ぐきの腫れ、口臭、歯のぐらつきなどの自覚症状を感じる頃には、かなり進行している可能性が高いのです。症状が悪化すると、歯を失う原因となるだけでなく、全身疾患につながる危険性もあります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください