歯科麻酔科、口腔外科での経験が私の礎です

院長あいさつ

父方母方双方の祖父も、父も歯科医師という環境で育った私は、迷うことなく歯科医師を志し、東北大学歯学部に進みました。

超高齢化社会の中で、歯だけではなく全身的な観点からの歯科治療を行うことが必要だと考え、大学院では歯科麻酔科を専攻し研究に携わりました。また全身麻酔や病棟での全身管理を通して医師や看護師とのチーム医療を経験しました。さらに国立仙台病院では歯科口腔外科に在籍し、難症例の治療も手がけてきました。

こうした経験から、私は歯科治療の可能性とリスクを認識し、スタッフにも万全の安全教育を行っています。また、安心・安全で高いレベルの歯科治療を普及するために、歯科医師会での講演活動、学会での活動、大学での講義やインプラントメーカーのインストラクターなども積極的に行っています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください