ごあいさつ

幸せな笑顔が、私たちのよろこびです。
Smile with Quality of Life
1931年より『立浪歯科医院』として診療を続けてまいりました当院は、2004年に私が3代目院長を引き継ぐとともに、『たちなみ歯科口腔外科クリニック』として新たにスタートしました。
長年の患者様との信頼関係をこれからも大切にし、また、今後は私自身が東北大学病院“歯科麻酔科”や国立仙台病院“歯科口腔外科”で経験してきたことをいかし、新たなニーズに対応する“お口の総合クリニック”として、さらに皆様のお役に立ちたいと考えております。

お口の中のさまざまなケアは、健康管理の原点であり、豊かな人生の出発点です。
歯は、料理を味わい、会話を楽しみ、よろこびをあらわす表情にも不可欠な要素として、その人のライフスタイルやライフクオリティにも大きく影響します。
私はこれまでの経験上からも患者様のお口全体、そして全身的、メンタル面を含めたトータルな歯科医療がとても大切だと感じています。
そのための痛くなく安全な治療や審美性の向上などのいろいろな選択肢がある中から、患者さん個々の価値観に応じた治療プランを重視し、お口の健康を総合的かつ長期的にサポートしていくことが、私たちの役割だと考えています。
そうしていつまでもご自身の健やかな歯、美しい歯で、豊かな人生を謳歌していただくための“Oral Health Care”を主眼においたお口のトータルケアを通じて、皆様の笑顔に満ちあふれた幸せな人生を末永くお手伝いしていきたいと思っております。

院長 立浪 康晴

プロフィール

経歴

1987年   富山県立高岡高等学校 理数科 卒業
1994年   国立東北大学 歯学部 卒業
歯科医師免許取得
東北大学大学院 歯学研究科博士課程
歯学臨床系歯科麻酔学専攻 入学
(現・歯学研究科口腔病態外科学講座 歯科口腔麻酔学分野)
1995年   東北大学医学部附属病院 麻酔科にて研修
1998年   東北大学大学院 修了
東北大学歯学部附属病院 歯科麻酔科 勤務
(現・歯科麻酔疼痛管理科)
1999年   国立仙台病院 歯科口腔外科 勤務
(現・独立行政法人国立病院機構 仙台医療センター
2004年 4月
 
12月
立浪歯科医院 継承
富山医科薬科大学医学部 歯科口腔外科学講座 研究生
たちなみ歯科口腔外科クリニック 開院
2005年 4月 東北大学非常勤講師

・歯学博士 (東北大学歯博第158号)
・日本歯科麻酔医学会専門医(第177号)
・日本歯科麻酔学会 認定医(第659号)
・日本歯科麻酔学会代議員(評議員)
・日本歯科麻酔学会地域医療委員会委員
・日本顎顔面インプラント学会評議員
・日本障害者歯科学会認定医
・富山県警察法歯学協力医(第13号)
・第九管区海上保安本部海上保安歯科医
・日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医(第4548号)
・仙台医療センター登録医
・ノーベルバイオケア社公認メンター(インストラクター)

おもな所属学会

日本歯科麻酔学会
歯科麻酔を考える臨床医フォーラム
日本口腔外科学会
・日本顎顔面インプラント学会
日本口腔インプラント学会
・日本障害者歯科学会
日本顎咬合学会
・東北大学歯学会
このページの先頭へ