予防歯科

大切なのは、繰り返さないこと。 治療から予防へ。

一本の歯が虫歯になったとします。今までは虫歯を削り、
詰めものをしたり、かぶせたりして終わりでした。
なぜ、その歯が虫歯になったかを考えていなかったのです。
再度、同じ歯が虫歯になるといったことを繰り返し、
残念ながら歯を失っていくことを止めるのは困難でした。
快適で健康的な毎日には、やはりご自身の歯で過ごしていただくことが一番です。
当院で行う予防治療は、虫歯や歯周病の再発を防ぎ、
患者さんご自身の健康な歯を1本でも多く残していくことが目標です。
当院では虫歯や歯周病の原因から調べ、治療する段階から再発を防ぐための予防プランをたて、
定期的な検査やアフターケアも含めて、お口の健康管理を長期的にサポートしていきます。
さあ“Oral Health Care”に主眼をおいたお口のトータルケアで、
いつまでも笑顔でこころ豊かな人生を謳歌しましょう。

歯とお口の予防ステップ

まずは原因にアプローチしましょう。

予防プランは、治療段階から。

虫歯の原因は、歯の汚れ、歯や唾液の質、歯並びや噛み合わせ、生活習慣などさまざまです。これらの要素の中から的確に原因を除去していかない限り、必ずといっていいほど虫歯は再発します。もちろん歯周病も同様です。初診時には、生活習慣上のことも含めた詳しい問診を行うとともに、口腔内写真を撮影します。普段あまりみることのないお口の中の状態を確認し、原因を明確にしていきましょう。 歯と詰めものや被せたものとの間には、精密に治療をしても小さな隙間が存在し、そこから細菌が侵入して再び虫歯や歯周病をまねいてしまいます。健康な歯を長く保つには、極力削らない、詰めない、被せないこと。そして治療段階から機能性や審美性を考慮していくことで、お口の健康をより維持管理しやすくなります。「生涯のご自身の歯をどんなふうに治療するか」ということもきちんと相談し、治療計画を立てていきましょう。

早期発見・早期治療で健康をキープ

歯周病は自覚しなくてもすすんでいます。

治療後も、定期検査とメンテナンスでお口の健康維持をお手伝いしていきます。当院では、患者さん個々の電子カルテとともに、口腔内写真やレントゲン写真もコンピュータに保存・蓄積しています。検査や再診時にはそれらのデータを素早く検索・表示し、過去の診療経過と比較しながら、その時々に応じた適切なケアを行うことができます。もちろん、ホームケアの各種情報もご提供していきます。 歯周病は、歯の表面につくプラーク(歯垢/バイ菌の塊)やそれらが石のように硬くなった歯石によっておきる歯茎や歯を支えている骨の病気です。それ自体を目的に来院される方は多くありません。むしろ病的症状を認識されないまま経過し、来院された時点で末期的症状になっている方のほうが多いのです。高齢になって歯を失い義歯(入れ歯)が必要になるのも、主に歯周病で歯を失うことによります。歯周病の最も有効な対策は「自覚症状がなくても定期的に歯科を受診すること」です。
このページの先頭へ